バーチャルツアーズ
那須高原のお薦めスポットをご紹介。
HOME見る(一覧)

遊行柳

奥州街道の歴史に思いを馳せましょう。



Main Menu
1.食べる (一覧)
 - グルメなお店で舌鼓

2.カフェ (一覧)
 - お洒落なカフェでまったり

3.遊ぶ (一覧)
 - 楽しく遊んで思い出作り

4.見る (一覧)
 - いろいろ見てみたい

5.買う (一覧)
 - 笑顔でお買い物

6.泊まる (一覧)
 - ゆったりくつろぎたい

7.便利 (一覧)
 - 何かと役に立つ情報


Season's Menu
春の那須高原
 - 樹々の芽吹きが美しい季節

夏の那須高原
 - 涼しい風が心地よい季節

秋の那須高原
 - 赤や黄色の紅葉が美しい季節

冬の那須高原
 - 深々と静かな雪が降る季節


Pick Up Menu
お宝体験
 - "お宝体験"が待っている

グルメ体験
 - サプライズな"グルメ体験"

お得な割引券情報
 - 賢く那須を楽しもう

無料スポット
 - お金をかけなくても楽しめる

那須のお土産
 - 那須と言えばこれ

那須七湯
 - 日頃の疲れを癒そう
子供連れで楽しむ
 - 家族みんなで楽しもう
味覚狩り(フルーツ狩り)
 - 自分で収穫して食べよう
雨天時の楽しみ方
 - 雨でも楽しますよ〜
那須高原ウェディング
 - 熱々カップルに

誕生日や記念日を過ごす
 - 那須で過ごす特別な日
遊行柳1
遊行柳(ゆぎょうやなぎ)見学者はここに車を止めます。
遊行庵という、見学者専用の駐車場です。

遊行柳2
田んぼの中の一角、こんもりとした森の中に遊行柳があります。

遊行柳3
悠久の歴史の中で、老木は何を見てきたのでしょうか?

遊行柳4
近くにある句碑です。
「田一枚植えて立ち去る柳かな」と書いてあります。芭蕉の句です。
[句解釈]
遥かと思っていた柳が目の前にあり、その木陰でしばらく安らかにしていると、いつのまにか、田植えが一枚分終わって早乙女たちの声が消え、ぽつんととり残されてしまった。
それでは、私もここを立ち去って旅を続けるとしよう。

芭蕉は、西行ゆかりの遊行柳に心を寄せ、元禄2年(1689年)4月19日(新暦6月6日)、殺生石を見物したあと遊行柳に立ち寄りました。

遊行柳5
こちらの句碑には、「柳散り清水涸れ石処々」と書いてあります。
蕪村の句です。

遊行柳6
投句箱もありました。
カオリも一句、作ってみたくなりました。
そんな気分にさせる、心安らぐ風景です。


■地図
Googleマップ



(カオリの注目ポイント)
<遊行柳とは?>
奥州街道の宿駅として栄えた芦野にあります。
室町時代、時宗19代尊酷(そんこく)上人がこの地を訪れたとき、柳の精の老翁を、念仏で成仏させたという、宗教上の伝説発祥の地です。
遊行とは、時宗のことを指しています。
古来から多くの人々が訪れており、能楽や謡曲の題材としても取り上げられ、昔から歌枕にもなる名所でした。
元禄の頃、松尾芭蕉が訪れて「奥の細道」に記述されたことで、ますます有名となりました。


情報掲載について - Privacy Policy - サイトマップ
Copyright(C) 2001 KAORI All Rights Reserved.