バーチャルツアーズ
那須高原のお薦めスポットをご紹介。
HOME見る(一覧)

那須国造碑(笠石神社)

一生に一度は見ておきたい必見の国宝。



Main Menu
1.食べる (一覧)
 - グルメなお店で舌鼓

2.カフェ (一覧)
 - お洒落なカフェでまったり

3.遊ぶ (一覧)
 - 楽しく遊んで思い出作り

4.見る (一覧)
 - いろいろ見てみたい

5.買う (一覧)
 - 笑顔でお買い物

6.泊まる (一覧)
 - ゆったりくつろぎたい

7.便利 (一覧)
 - 何かと役に立つ情報


Season's Menu
春の那須高原
 - 樹々の芽吹きが美しい季節

夏の那須高原
 - 涼しい風が心地よい季節

秋の那須高原
 - 赤や黄色の紅葉が美しい季節

冬の那須高原
 - 深々と静かな雪が降る季節


Pick Up Menu
お宝体験
 - "お宝体験"が待っている

グルメ体験
 - サプライズな"グルメ体験"

お得な割引券情報
 - 賢く那須を楽しもう

無料スポット
 - お金をかけなくても楽しめる

那須のお土産
 - 那須と言えばこれ

那須七湯
 - 日頃の疲れを癒そう
子供連れで楽しむ
 - 家族みんなで楽しもう
味覚狩り(フルーツ狩り)
 - 自分で収穫して食べよう
雨天時の楽しみ方
 - 雨でも楽しますよ〜
那須高原ウェディング
 - 熱々カップルに

誕生日や記念日を過ごす
 - 那須で過ごす特別な日
那須国造碑(笠石神社)1
那須国造碑(なすくにのみやつこひ)とは、日本三古碑の中でもっとも古く、国宝に指定されている石碑です。

那須国造碑(笠石神社)2
石碑は笠石神社の宮司さんが管理をしていらっしゃいます。
神社と言っても境内はなく、石碑を守るため代々近くに住んでいるのです。

那須国造碑(笠石神社)3
縁側に色々な資料が並べてあって、拝観料の500円を払うと宮司さんから説明を受けて石碑を見せて頂くことが出来ます。
今回、説明をして下さった宮司さんは代々石碑を守り続けてきた18代目だということでした。
19代目はもう働いていて、20代目はまだ学生ですと、嬉しそうにお話ししてくれました。

那須国造碑(笠石神社)4
石碑は草むらの中に倒れていたのを天和三年(1,683年)に発見され、石碑を保存するために、水戸黄門の「助さん」で知られる佐々介三郎宗淳の指示で碑堂が建立されたそうです。

那須国造碑(笠石神社)5
石碑の由来の説明が終わるといよいよ碑堂へ案内されます。
杖をつきながらも83歳とは思えないしっかりとした足取りで先導する宮司さんに、代々お守りしている誇りと威厳が感じられました。

那須国造碑(笠石神社)6
碑堂の中には8行19字、152文字の文字がしっかりと刻まれた石碑が鎮座していました。
とても1,300年も経過しているとは思えない躍動感ある文字たちは、何だか得体の知れない生命力さえ感じられて、カオリはとても感動しました。
これは一生に一度は見ておきたい国宝ですね。


■基本情報
[電] 0287−98−2501
[所] 那須郡湯津上村大字湯津上430
[交] 西那須野塩原ICより車で40分
[営] 無休
[料] 拝観料500円
[駐] 駐車場あり(無料)

■地図
Googleマップ



(カオリの注目ポイント)
石碑はオモテ面を下にして草むらの中に倒れていたのを発見されたということで、だからこそ文字の保存状態がとても良かったということです。
日本にたった4つしかない石造物の国宝の中の一つで、とても貴重なものです。
それを先祖代々お守りしているという宮司さんのご先祖様には、尊敬の念を抱きます。
石碑に刻まれた文字は、まるで時空を超えた手紙のようでロマンがありますねー。


情報掲載について - Privacy Policy - サイトマップ
Copyright(C) 2001 KAORI All Rights Reserved.