バーチャルツアーズ
那須高原のお薦めスポットをご紹介。
HOME別荘建築日記(もくじ)

61. ポスト

那須高原では冬になると“ナスおろし”という凄い風が吹きます。“ナスおろし”とは、大根おろしの親戚ではありません。那須連山に海側から強い風がどーんと当たると、強い北風となって山肌を吹きおろしてくる強烈な風のことです。この強風がすさまじい勢いで吹きまくると、ビュービューと風が鳴きます。カオリが以前、那須塩原駅からレンタカーを借りて出発しようとした時に、あまりの強風で駅舎が笛みたいに“ぴ〜ひょろろ〜”と鳴いていました。そして道にはもぎとられた木の枝が転がり、那須街道では何と大きな松が倒されて、それをどかすためにクレーン車が出動して大騒ぎになっていました。それほどまでに恐ろしい破壊力を持つ那須おろし。当然、別荘にも大きな影響を与えることになります。

“別荘の周りの木は切っておいた方がいい”。これは良く聞かれるアドバイスです。家の近くの木が強風で倒れると、屋根が破壊されます。それを防ぐ為に、あらかじめ家の周りの木を根元から切っておくか、幹の上の方を切って調節する“芯止め”をしておく必要があります。

普通、そこまでは気が回るのですが、意外と盲点なのがポストです。「お洒落な山子屋風のポストを庭先に立てておいたら強風で飛ばされて支柱だけになっていた」などという話はよく聞かれます。ポストが飛ばされるだけならまだしも、本当に心配なのは中身です。請求書や手紙など、個人情報いっぱいの郵便物が飛んでいってしまったらと考えると・・・あまりゾッとしませんよね。そこで、そのような羽目に陥らない為にも、カオリがお薦めするのはポストを玄関のひさしの内側に取り付けるということです。雨や風が吹き込まない場所にポストを取り付ければ、とりあえずは安心できます(取りに行く手間も省けます)。

そこで、カオリハウスではポストを玄関の脇に取り付けることにしました。最初はそこに箱を置こうかとも思ったのですが持ち去られそうで不安です。そこで、玄関脇の壁をくりぬいて(!)、穴を開け、ポストを埋め込んでもらうことにしました。しかもポストはわざわざ特注で大工さんに造ってもらうというコダワリよう。出来上がったポストは“ここまでしなくても”と、思わずカオリでさえ考えてしまうような立派な“家具”でした。安心できて嬉しいのですが、さすがに少し恐縮してしまいました・・・。

<<戻る | 次へ>>




Main Menu
1.食べる (一覧)
 - グルメなお店で舌鼓

2.カフェ (一覧)
 - お洒落なカフェでまったり

3.遊ぶ (一覧)
 - 楽しく遊んで思い出作り

4.見る (一覧)
 - いろいろ見てみたい

5.買う (一覧)
 - 笑顔でお買い物

6.泊まる (一覧)
 - ゆったりくつろぎたい

7.便利 (一覧)
 - 何かと役に立つ情報


Season's Menu
春の那須高原
 - 樹々の芽吹きが美しい季節

夏の那須高原
 - 涼しい風が心地よい季節

秋の那須高原
 - 赤や黄色の紅葉が美しい季節

冬の那須高原
 - 深々と静かな雪が降る季節


Pick Up Menu
お宝体験
 - "お宝体験"が待っている

グルメ体験
 - サプライズな"グルメ体験"

お得な割引券情報
 - 賢く那須を楽しもう

無料スポット
 - お金をかけなくても楽しめる

那須のお土産
 - 那須と言えばこれ

那須七湯
 - 日頃の疲れを癒そう
子供連れで楽しむ
 - 家族みんなで楽しもう
味覚狩り(フルーツ狩り)
 - 自分で収穫して食べよう
雨天時の楽しみ方
 - 雨でも楽しますよ〜
那須高原ウェディング
 - 熱々カップルに

誕生日や記念日を過ごす
 - 那須で過ごす特別な日

情報掲載について - Privacy Policy - サイトマップ
Copyright(C) 2001 KAORI All Rights Reserved.